1. あそびガイド
  2. あそびのレシピ
  3. かざぐるまの作り方~その2・やえ

あそびのレシピ

かざぐるまの作り方~その2・やえ

遊びボランティアがおこなっているイベント「あそびの広場」で人気の八重(やえ)のかざぐるまのつくり方です。どうやったら作れるのか、さいしょはちょっとなやみますが、作り方がわかってしまえば、とってもかんたん。

八重のかざぐるま<1>

ハネの部分は2枚のおりがみで作ります。白い方を上にして2枚のおりがみをかさねます。このとき下のおりがみを45度かいてんさせてかさねあわせます(写真右)。あとは、かざぐるまの作り方~その1で作ったかた紙をつかい、かさねて5か所に穴をあけます。穴の1か所は中心、それいがいの4か所は切りこみを入れるばしょです。

2枚かさなりあっているところを図にすると、上のようになります。角から切りこみを入れたとき、その最後のところ(つまりは穴をあけたところ)がかさなるようにつくります。

2枚をそれぞれ見ると上のようになります。白いほうを上にして、左が上になるおりがみ、右が下になるおりがみです。

白いほうを上にしてかさねあわせ、下のおりがみのはりがねにさす部分を切れこみから上にだします(写真左)。言葉だとせつめいしづらいのですが、やってみるとかんたんにできるとおもいます。うらから見ると写真右のようになります。

くみたてかたはかざぐるまの作り方~その1でせつめいしたのとおなじです。ハネは白いほうを上にして、まず上になるおりがみからはりがねにさし、あとは写真左のようにじゅんばんにさしていきます。ハネがかいてんしているときにずれることがあるので、1か所うらのどこかをホッチキスでとめておく(写真中)とよいです。写真右ができあがりです。

かた紙もつくってみましたので、よければプリントして作ってみてください。

八重のかざぐるま<2>

<1>だと、ハネの白い部分がおおきくてバランスがわるいかんじがしたので、すこしくふうしたのが<2>です。角から切りこみを入れるのではなく、1センチずらして入れます。こうするとややハネがみじかくなります。

写真の左がわのかざぐるまが<2>です。ちがいがわかるかなあ・・・。ちなみにこどもの国ではたらいているほかの人にきいてみたところ、わかってもらえませんでした(涙)。

こちらもかた紙もつくってみましたので、よければプリントして作ってみてください。

お花のかざぐるま

八重のかざぐるまのきほんの作り方は上でしょうかいしたとおりです。でも、もっとくふうすることができます。切りこみはまっすぐ入れなくてもよいし、ハネのかたちもとんがっていなくてもよかったりします。そんなこんなでいろいろとくふうしてできあがったのがこのかざぐるまです。

かた紙

ずいぶんへんな形になりましたが、これをくみたてると、下の写真の左がわの2つになります。お花のかたちに見えるかな? いろいろくふうしてオリジナルの形のかざぐるまをつくってみるのもたのしいです。気に入ったものは、あつ紙でかた紙を作っておくと、つぎに作るときにべんりです。

目的で探す

目的でさがす

閉じる