1. ボランティア募集

ボランティア募集

こどもの国で活動をしているボランティアをご紹介します。

みどりのボランティア

写真(左)「家族でサツマイモを育てる会」家族がボランティア畑にイモを植え、栽培するまで指導します。
写真(中)「シイタケを育てよう」ホダ木にこどもたちが電動ドリルで穴を開け、シイタケの種菌を金づちで打ち込みます。自宅で1年半後に収穫できます。
写真(右)「ツバキまつり」50種のツバキの花の展示やツバキの苗即売、椿の森ガイド、ツバキのコサージュ作りなど。

みどりのボランティアは、園内のボランティア畑で農作物を育てたり、椿の森をはじめハーブ園、バラ園、菖蒲園、山野草などの管理作業をしたり、「ツバキまつり」や「ジャガイモ掘り」「サツマイモ掘り」「シイタケを育てよう」などのイベントも行うボランティアです。現在、50人ほどが活動しています。

活動日
日・火・木曜のうち各曜日につき月3日ずつ(日程は園が指定)
活動時間
9時30分~15時
活動場所
児童センター奥のボランティア農園、椿の森他

◆一緒にボランティアとして活動してくれる方を随時募集しています。ご希望の方は電話にて「こどもの国協会業務部國井・三ツ井」までご連絡ください。実際の活動を見学していただいた後、参加するかどうか決めていただきます。

遊びボランティア

かざぐるまづくりの様子(左・中)遊具の貸し出し(右)

遊びボランティアは、かざぐるまやストローとんぼ、季節の折り紙工作等、こどもたちと一緒に楽しく遊ぶことを目的としたボランティアです。2008年4月現在で15人くらいの方がボランティア登録して活動しています。イベント「あそびの広場」は遊びボランティアが行っています。

活動日
第1・第2・第3土曜日
活動時間
10時~16時
活動場所
4~6月、9~11月 プール発券所前、7~8月 せせらぎ前テント、12~3月児童センター視聴覚室

◆ボランティアへのお申し込みはこちらに記載しています。

季節の折り紙工作のページ

自然ボランティア

かんさつ会の様子(左・右)オオスズメバチの巣の掘り出し(中)

自然ボランティアは自然保護区の管理や調査、園内の自然の見回りなどを行っています。

  1. 自然保護区は来園者の立ち入りを制限しており、白鳥湖の水をポンプアップして旧プール跡に小池や湿地、水路をつくり、生き物がすみやすい環境づくりをしています。2009年は保護区内の生物調査、水質調査、水路の補修、作業用の道づくりなどを行います。主に活動日の午前中に実施。
  2. 園内を散策して、動植物の調査を行います。当日見たものを記録して、リスト作りを行います。主に活動日の午後に実施。
  3. 夏休み昆虫教室およびセミの羽化とカラスウリの花かんさつ会を実施。
活動日
毎月第1日曜日(ただし、5月は第2日曜日)
活動時間
10時~16時

◆ボランティアへのお申し込みはこちらに記載しています。

遊び・自然ボランティアへのお申し込み方法

現在、一緒に活動していただける仲間(高校生以上で、長く続けていただける方)を随時募集中です。ご希望の方は、ボランティア要綱よくお読みの上、内容に同意した上で、催事広報課・野坂までご連絡ください。面接を行います。その際、ボランティア登録申請書に内容を記入してお持ちください。

目的で探す

目的でさがす

閉じる