1. あそびガイド
  2. あそびのレシピ
  3. かざぐるまの作り方~その1・きほん

あそびのレシピ

かざぐるまの作り方~その1・きほん

こどもの国で大人気のかざぐるま。ここではその作り方をしょうかいします。まずはおりがみでハネをつくる、いちばんきほんのつくりかたです。

かざぐるまづくりにひつようなもの

  • おりがみ
  • はりがね(太さ0.9ミリのものがよいです)
  • わりばし(わりばしでなくても、わりばしくらいの太さと長さのものであればOK)
  • ストロー(太さにはこだわりがありません)
  • ビーズ(なくてもつくれます。かわいらしくできるので、こどもの国では8ミリのビーズをつかっています)
  • ラジオペンチ
  • ハサミ
  • じょうぎ(しゃしんのものよりも長めのものがおすすめ)
  • せんまいどおし(かた紙をつくるのにつかいます)
  • カッティングマットマット(なくてもいいのですが、あるとべんりです)
  • カッター(なくてもいいのですが、なにかとべんりです)
  • ダンボールのきれはし(かた紙つくるのにつかいます)

ハネの部分を作る

  1. おりがみの白い面をうえにして、中心をだします。おりがみを三角に2回おって、まんなかにばってんをつくってもよいです。
  2. おりがみの角から、中心にむかってハサミできりこみをいれます。上の図のように、きりこみを入れない部分と入れる部分が1対2くらいになるようにします。4つの角ともおなじようにきりこみをいれます。また、はりがねをさすばしょにしるしをつけておきます。

(しん)の部分を作る

  1. わりばしはわり、はりがねは13センチの長さに切ります。
  2. ストローも2センチくらいの長さに切ります。
  1. わりばしにはりがねをまきつけていきます。まずは手で左のしゃしんのように、はりがねをわりばしにUの字のようにまきます。はりがねは手前がみじかいほうがつくりやすいとおもいます。
  2. ラジオペンチではりがねを2本ともつかみ、わりばしのほうをかいてんさせて、はりがねをねじっていきます。
  3. はりがねがぐらぐらしないように、しっかりわりばしにまきつけてください。じょうずにまけるようになるには、すこしれんしゅうがひつようです。
  1. はりがねをまきつけたわりばし1本、ハネ1まい、切ったストロー2つ、ビーズ1つ(なければもうひとつ切ったストロー)でひとつのかざぐるまができます。

かざぐるまをくみたてる

  1. 左上の写真から、まずはりがねに切ったストローをひとつ入れます。
  2. つぎにハネの部分(おりがみ)の、色のついているほうをはりがねにむけ、中心にさします(しるしがないとわかりづらいので、せんまいどおしでかるくあなをあけておくとよいです)。
  3. もうひとつ切ったストローを入れます。
  1. ハネの角の部分につけたしるしにはりがねをさしていきます。さすじゅんばんはとくにありません。
  1. はりがねにビーズをいれます。なければ切ったストローでかまいません。
  2. さいごにはりがねをくるくるとまいて、とれないようにします。あまりはりがねをまきすぎると、あいだがつまって、かざぐるまの回転がわるくなります。

かた紙をつくっておく

おなじ4まいのハネのかざぐるまでも、くふうをすると、ちょっとずつちがったかざぐるまになります。オレンジのものは上でつくったかざぐるま、まんなかのピンクのものは、ハネをさすばしょをはんたいにしたので、まわりがぎゃくになります。青と黄色のかざぐるまはおりがみを2まいかさねてつくりました。2まいかさねると、はりがねがささりづらいので、手にささないようにちゅういしましょう。

かざぐるまをたくさんつくるにはかた紙をつくっておきましょう。かた紙はあつ紙でつくります。かた紙をつくるときに、下にダンボールをしいておくと、あなが開けやすいです。

つくり方の手じゅん1~2のようにハネをつくったら、それをあつ紙にかさねて、ちゅうしんと、切りこみをいれる部分にせんまいどおしであなをあけておきます。これでかた紙はできあがり。おりがみをなんまいかかさね、うえにこのかた紙をのせておなじようにあなをあけておけば、たくさんつくることができます。

目的で探す

目的でさがす

閉じる