1. イベント・トピックス
  2. 2019

イベント・トピックス

  • TOPICS
  • EVENT
  • あそぶ
  • みる
  • しる
  • つくる
  • あじわう

こどもの国「春のフォトコンテスト2019」入賞作品発表

2019年3月21日から4月30日の間に実施しました「春のフォトコンテスト」にご応募いただきありがとうございました。
応募総数354点の中からグランプリ1作品、準グランプリ1作品、こどもの国賞3作品、資生堂賞5作品、雪印メグミルク賞5作品、FMヨコハマ賞5作品、東急電鉄賞5作品、アサヒカメラ賞5作品、ジュルとチッチ賞5作品を決定いたしました。各入賞作品を発表します。おめでとうございます。

 


 グランプリ

(副賞:リコー 360度カメラ RICOH THETA SC) 

中村 茜さん(横浜市戸塚区)

初めてのこどもの国、初めてのお花見で風で動く桜の枝、お花を見て喜んで ご機嫌な所です。

これを撮っていたパパ、見ていた長男も思わずみんな笑顔に。とても良い記念の一枚。

我が家の幸せな思い出の1ページです。

 

審査員講評

初めてのお花見で、満面の笑顔の娘さんとお母さん。

見事な満開のサクラが2人を浮かび上がらせています。

家族写真の王道を行く作品です。

 

 


 準グランプリ

(副賞:ソニー デジタルカメラ Cyber-shot DSC-W830)

土門 秀人さん(横浜市青葉区)

今まで行ったことがない所を探検していたら、なんと山の上で「キリン」を発見!

すかさず登ってみました。

 

審査員講評  

山の上で初めて見つけた「キリン」に登る男の子と女の子。

2人のポーズがシンクロし、面白い構図を作り出しています。

背景の緑も美しいです。

  

 


 こどもの国賞

(副賞:こどもの国招待券10枚)

種谷 瞳さん(横浜市港北区)

生後7ヶ月の娘にとって、初めてのこどもの国。

桜にも鯉のぼりにも囲まれ、娘にとって肌で春を感じられた楽しいピクニックでした。

この日はとても良いお天気だったので、サングラスをかけさせたらとっても似合っていました。

かっこいい!

 

審査員講評

日差しが強いので、娘さんにサングラスをかけさせてみたら、

「似合っていてかっこ良い」とお母さん。

サクラや鯉のぼりに囲まれ、楽しいピクニックでした。

 

  

  

重松 はる菜さん(神奈川県秦野市)

家族3人で初めてのお花見に行きました!

パパとお揃いのお洋服を着て広い園内をお散歩。

 

審査員講評

満開のサクラの下で、お父さんに「たかい、たかい」され喜ぶ娘さんの表情をうまく切り取りました。

娘さんがサクラの中に溶け込んでいるようです。

   

 

 安達 聡さん(横浜市泉区)

電車好きな息子の憧れ機関車。

初めてのミニ機関車に目が輝く息子の一瞬。

 

審査員講評

初めてミニ機関車に乗り、目を輝かす息子さんの表情を上手に切り取りました。

淡い光が顔を立体的にしています。

瞳にはどんな未来が見えるのでしょう。

 

  

 


 

 資生堂賞

(副賞:資生堂商品セット)

馬場園 伊織さん(川崎市高津区)

お友達とテーマを合わせておめかしをしてピクニック。

いつもとは少し違った気分で楽しめました。

 

 

岩瀬 眞希さん(横浜市鶴見区)

お花見に訪れる沢山の人達。遊び疲れてちょっとひと休み(^^)

絶好のお花見日和です♪

 

菊池 柚果さん(川崎市宮前区)

風車でどっちがたくさん回せるか、パパと勝負をしたら、

強い風が吹いてどっちが勝ったか分からず引き分けに。

そんなオチに大爆笑しているところを撮った一枚です。

 

田口 緑さん(東京都八王子市)

天気の良い日にピクニックをしにこどもの国に行きました!

息子は今年初節句なので、大きな鯉のぼりがあると聞き、袴ロンパースを着せていきました!

大きな鯉のぼりと一緒に写真が撮れて、初節句の良い記念になりました。

 

広田 綾音さん(川崎市中原区)

シャボン玉を追いかけたり割ったりしてとても楽しそうでした。

 

 


 雪印メグミルク賞

(副賞:雪印メグミルクギフトセット)

渡邊 めぐみさん(横浜市港南区)

たくさん遊んで帰ろうとした時、背の低い桜の木があったので、

春らしい写真を撮りたくて撮影しました。

こどもの国の遊具で死ぬほど遊んで、初めてポニーにもひとりで乗って、

ローラー滑り台もひとりで降りてきました。成長を感じた1日になりました◡̈⋆*

 

松本 紘侑さん(東京都町田市)

「牛さんと同じ柄だね!」と言われたばかりに見つめ合う息子でした(笑)

 

川田 静菜さん(横浜市戸塚区)

自然をとても感じられる場所で、思わずパシャリ!

 

清水 ももよさん(神奈川県大和市)

土曜日のお昼、満開の桜の木の下でお弁当を食べて、お腹いっぱいになったあと、

パパに高い高いをして遊んでもらっています。

子供の最高の笑顔をみて、パパもママも自然と笑顔に。良い休日でした。

 

田中 麻衣さん(横浜市緑区)

チューリップと共に。キレイなチューリップだったので撮りました。

  

 


 FMヨコハマ賞

(副賞:FMヨコハマオリジナルグッズ)

斉藤 清蔵さん(川崎市中原区)

新元号発表の4月1日に遊びに行きました。

午前中は温かく良い天気でしたが、午後から曇りだし雨が降ってきましたが、

楽しい一日を過ごさせていただきました。

  

越中 凜さん(東京都町田市)

パパの高い高いでご機嫌な息子と桜。

  

山口 佐代さん(東京都世田谷区)

人生初、牛へのエサやり体験後、「ぼく、牛の赤ちゃんだよ!」と言って鳴き真似が止まりません。

牛のママを見つけ、お腹の上でお昼寝してました。

 

深町 依千夏さん(川崎市宮前区)

初めてのこどもの国でした♡初めての体験が沢山でした★楽しかったです♪また行きたいです♪

 

根岸 尚子さん(横浜市青葉区)

初めてお外でうつぶせ練習をしました。

 


 アサヒカメラ賞

(副賞:朝日新聞出版の書籍)

 

渡部 伸子さん(横浜市港北区)

登れないかと思っていたらちゃんと登ってました。

  

畑中 久美さん(神奈川県大和市)

兄弟仲良くポーズしてる写真です。こちらパパカメラです。

 

 

助川 弘樹さん(東京都西東京市)

平成最後、令和最初の鯉のぼりの前での息子の記念撮影です。

 

川名 琴寧さん(東京都渋谷区)

初めて見る大きな鯉のぼりに興奮!いっしょに撮ってー!とハイポーズ!

  

石橋 朋典さん(横浜市青葉区)

桜吹雪を思いっきり楽しんでいます。

  


 東急電鉄賞

(副賞:東急電鉄オリジナルグッズ)

 

宮崎 真貴春さん(横浜市青葉区)

お外遊びの楽しさを1歳になったばかりの息子に感じてほしくて、初めてこどもの国へ。

広くて自然がいっぱいで動物とも触れ合えて、終始ごきげんでした♫

 

守谷 庄平さん(横浜市港北区)

平成30年6月に産まれた娘にとって、初めてになるお花見に行きました。

平成最後の桜となる記念に妻が撮影しました。

 

永田 裕美子さん(横浜市青葉区)

7歳の長女が一人で飛行機で大阪に行ってしまった空港からの帰り道、寂しさのあまり、

下の子と子どもの国に直行しました。

その時とめた子どもの国の駐車場で、この春最初の桜のつぼみを見つけて、

嬉しい気持ちになった時の写真です。

 

 齊藤義明さん(横浜市青葉区)

久しぶりに会った友達と遊ぶのが楽しい3歳の娘(左)。

滑り台にたどり着くまでには、迷路のような道をたどり、

怖いはしごも我慢して上り下りしなければなりませんが、

友達と一緒に滑るのが楽しいので何度も挑戦していました。

 

高橋 慈子さん(横浜市青葉区)

「それなあに?」「さくらの花びらおちちてたの。」桜が満開の日、

風も強くて花びらがたくさん舞っていました。

牧場の入り口の坂道は春の柔らかい影と桜並木と舞った花びらでキレイでした。

 


 

 ジュルとチッチ賞

(副賞:こどもの国オリジナルグッズ)

 

石橋 勝成さん(東京都町田市)

初めてのこどもの国、ウキウキ気分で走り回る子供達、多目的広場前を通り過ぎる時に、

カメラを構える前からチューリップと並んでポーズをとってくれてました。

  

平本 正さん(神奈川県横須賀市)

昼食後、中央広場にこいのぼりを見に。4歳のお兄ちゃんは、走って、汗をかいたので休憩。

8ヶ月の妹は、大好きなお兄ちゃんがそばに来てくれたので、この表情。二人ともうれしそう☆

 

 

木村 亜希恵さん(東京都世田谷区)

滑り台の長い行列に子供が最後まで並べるかどうか心配でしたが、

自然いっぱいの中でやさしい春の風に揺れる木々や葉っぱの動きや音を感じながら歌を歌い楽しく順番待ちができて、

子供の成長も感じられた瞬間。

 

 積田 蓮さん・佐藤 歩さん(神奈川県愛甲郡愛川町)

青空と緑が綺麗で、思わず開放的になった2人(^^)

無邪気な2人のベストショット(^^)

空まで届け〜♪( ´▽`)

 

上田 有理佳さん(川崎市幸区)

「暖かくなってきたからピクニックがしたい」高校時代からの友人たちのグループLINEでは、

唐突な提案は日常茶飯事。

今回もいきなりの発言からじゃあこどもの国がぴったりだね、とトントン拍子に計画が進みました。

お弁当を作って、レジャーシートを持って、晴天のもと和気あいあいと春の陽気を楽しみました。

シャボン玉も当日の提案。

私たちが吹いたシャボン玉を嬉々として追いかける子供たちに目を細めながら、

自分達も大いにはしゃいでしまいました。

旧くからの友人と童心に返り、社会に疲れた心と体を癒す…

こどもの国は私たちにとってそんな特別な場所です。

工作教室・ジージーゼミ作り

こどもの国のあそびかた

  • あそびガイド
  • マニア向けガイド
  • 乳幼児連れのお客様
  • 団体のお客様

目的で探す

目的でさがす

閉じる