1. イベント・トピックス
  2. 2020

イベント・トピックス

  • TOPICS
  • EVENT
  • あそぶ
  • みる
  • しる
  • つくる
  • あじわう

こどもの国「2020年 春と夏のフォトコンテスト」入賞作品発表

2020年3月20日から4月30日までの予定でスタートしました「春のフォトコンテスト」でしたが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下での休園があったため、募集期間を8月31日まで延長し「春と夏のフォトコンテスト」として実施いたしました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。

応募総数310点の中からグランプリ1作品、準グランプリ1作品、こどもの国賞3作品、資生堂賞5作品、雪印メグミルク賞5作品、FMヨコハマ賞5作品、朝日新聞出版賞5作品、東急電鉄賞5作品、横浜高速鉄道賞5作品を決定いたしました。各入賞作品を発表します。おめでとうございます。

 


 グランプリ

(副賞:CANON インスタントカメラプリンターiNSPIC CV-123【用紙セット】) 

齊藤 義明さん(横浜市青葉区)

鼻の穴を大きくしたりして、思い思いのゴリラの真似で記念撮影。

キッズ水あそびパークやせせらぎ、なかよしひろばで自分全開、

閉園間際まで思いっきり遊んだ一日でした。 

 

審査員講評

ゴリラのポーズをして記念写真に収まる女の子たちの表情がとても可愛く、ユーモラスです。

2人がゴリラの像とコラボして、とても動きのある写真になっています。

 

 


 準グランプリ

(副賞:TAKARA TOMY インスタントカメラ Pixtoss【フィルムセット】)

飯村 未穂さん(東京都品川区)

おばけだぞ~ 初めてのこどもの国だったので、はじめての体験が多くとても楽しい1日でした。

入ってすぐに見つけたお絵かきコーナで左右にめいいっぱい大きく手を振って描きます。

「なに描いているの?」に笑顔で「おばけ!」と答えてくれたところです。

 

審査員講評  

お絵かきコーナーで、女の子がおばけを描いているシーンだそうです。笑顔が魅力的です。

低い位置から撮っているので、背景がきれいにぼけて良い感じです。

  

 


 こどもの国賞

(副賞:こどもの国招待券10枚)

齊藤 愛実さん(神奈川県藤沢市)

とっても怖がりで慎重な息子。初めてやぎのお家に入って触る事ができました。

背中を優しく撫でていて成長に感動しました。

すると、「やぎさんの真似」と言って同じポーズをしていて家族みんなで大笑いした時の写真です。

どうやら顔もやぎさんの真似をしているようです。

 

審査員講評

ヤギと並んでいるところをお母さんがパチリ。

息子さんはこの日初めてヤギの家に入って触ることができたそうです。

淡い光が当たって素敵な作品になっています。

 

  

  

佐瀬 綾乃さん(横浜市栄区)

『ハーフバースデー、生まれてきてくれてありがとう』生まれて6ヶ月が経ち、

できることが徐々に増え、成長することに喜びを感じると同時に少し寂しい母。

愛おしい我が子との一枚です。

 

審査員講評

生まれて半年の子どもさんを抱くお母さん。お母さんの笑顔がとても素敵です。
背景の桜に2人が浮き上がって、秀逸なポートレートになっています。

   

 

 多田 真理さん(相模原市中央区)

夏休みに水遊びと虫取りをしにこどもの国へ遊びに行きました。

虫取りをしながら園内を歩いていたら、切り株から新しい芽が出ている自然のフォトフレームを発見!

虫取り網を持った娘がなんだか虫取り名人に見えました。

 

審査員講評

これぞ「夏休み!」という作品。切り株から新芽が出ている絶好の場所をお母さんが発見。

「虫取り名人」の娘さんを見事に切り取りました。

 

  


 資生堂賞

(副賞:資生堂商品セット)

松井 誠幸さん(横浜市鶴見区)

お母さんと僕。菜の花の黄色に負けない位に明るい笑顔!!

はじめてのお出掛けで、お母さんの小さい頃によく来ていたこどもの国に連れてきてもらったよ。

お母さんも懐かしい〜と子供に戻ったかのようにはしゃいでいました!

とっても楽しかった。また家族で遊びに来たいです!

 

 

 

秋田 真澄さん(横浜市鶴見区)

さくらの木の下で まだ肌寒い3月末、急に小雨が降ってきました。さくらの木の下で雨宿り。

満開の八重桜・・・十分雨をしのげました。ウチの双子は雨なんて気にせずこの笑顔です!

 

 

金近 美紗さん(横浜市青葉区)

帰り際にもらった風車。風が強い日でよく回っているのを見て大喜び。

 

 

安田 悠人さん(神奈川県大和市)

ベンチでひと休み。「ねぇ!みてみてー!みどりになってる?」

こどもの国でいっぱい遊んだ後はお楽しみのかき氷。今日は大好きなメロン味。

 

 

米川 のぞみさん(神奈川県大和市)

イベントプールの後、ニコニコ笑顔で青空の下、綺麗な花壇から飛ぶようにと。

 

 


 雪印メグミルク賞

(副賞:LLジュース詰め合わせ)

伊藤 千菜美さん(横浜市港南区)

自ら進んで馬に餌をあげる娘。

1歳3ヶ月頃にこどもの国に来たときも、1歳半すぎに他の牧場に遊びに行ったときも、

動物を怖がって餌をあげられなかった娘ですが、2歳4ヶ月になり、弟も生まれてお世話好きになり、

嬉しそうに「おうまさーん、ご飯だよー」と餌を与えていました。

餌がひとカップ無くなると「もう一回あげる!」と大泣きでした。

 

 

岩崎 奈菜さん(横浜市青葉区)

10ヶ月になる娘は初めての桜に大喜びでした。

一生懸命に手を伸ばして、花びらに触れようとしている姿が印象的でした。

 

 

安部 寛子さん(横浜市青葉区)

高い高いをしている時の嬉しそうな顔!こどもの国に来て本当によかったです!

天気にも恵まれ贅沢な時間を過ごせました。

 

 

川本 晋平さん(川崎市麻生区)

いくつもの階段を上がってようやく到着した出発地点…、

期待を膨らませるアーチ状のトンネルをくぐりいざ出発するも、

少しだけ不安になり振り向いた瞬間の一枚。

セミの鳴き声がどこか心地よく、何度も何度も 長い滑り台を繰り返し遊びました。 

 

 

武冨 智子さん(川崎市中原区)

沢山遊んで走ってクッタクタ!『喉渇いた!牛乳飲みたい!』と、

レストランさんかくぼうしに駆け込み…ノンホモ牛乳おいしーっ!プハーッ!!の写真です

 

 


 FMヨコハマ賞

(副賞:FMヨコハマオリジナルグッズセット)

三浦 純さん(東京都多摩市)

長男がお馬さん(いちくん)に1人で乗った後、

初めて餌やりもしたいと言って餌やりをしたときの写真です。

背景の桜もあって春を感じる1枚になったと思います。

  

 

宮崎 真貴春さん(横浜市青葉区)

2歳のお誕生日を迎えた息子のリクエストで、昨年と同じく大好きなこどもの国へ♪

満開ではなかったけれど、ちらほらと咲き始めた桜を見つけて

「かーいー♪(かわいい)」と思わずかけよって花びらにチュッ♡

小さいながらにも桜を慈しむ息子の姿に、彼の成長をしみじみと感じた瞬間でした。

  

 

野口 理紗さん(東京都杉並区)

乗りたい!と言われたが大人1人で子ども2人と一緒に乗れると思わなかった為

「乗れないかもしれないよ」と話した。

券売しているおじさんに話を聞くと可能だというのでとても嬉しかったです。

乗れた事にとても子どもが喜んでいたので写真を撮りました!

 

 

白井 恵美以さん(相模原市中央区)

念願の水遊び。頭から水にうたれて最高に楽しそう!

 

 

中村 直史さん(東京都町田市)

桃色の戯れ 妻に、子供が駆け寄った所を激写しました。

この一枚だけで、夫として父親としての幸せを感じずにはいられません。

 

 


 朝日新聞出版賞

(副賞:写真集)

戸田 瑠美子さん(川崎市高津区)

第2子(女の子)が生まれ、お兄ちゃんと、

お友達のお姉ちゃんたちと一緒にこどもの国に遊びに行きました。

たくさんの自然の中で、みんな仲良く楽しい時間を過ごしました。

子どもたち自らの提案で、みんなで撮った写真です。牛さんも微笑みかけてくれているようでした。

  

 

奥村 里菜さん(神奈川県大和市)

家族3人で初めてのこどもの国です!2人でデートしていた時とまた違った目線で楽しく過ごしました。

娘も大好きな動物に会えて楽しそうでした!

 

 

 

三村 智さん(横浜市瀬谷区)

お兄ちゃんを追いかけて、急いで滑り台を降りたときに勢い余って『ザブーン』と!

とても楽しく遊べました。

 

 

高橋 由夏さん(東京都中野区)

「パパとゆっくりお散歩」ウシ・ヒツジのぼくじょうを出たら、

道沿いに綺麗なオレンジ色のお花がたくさん咲いていました。

パパとふたりで大好きな虫さんを見つけては立ち止まり、

のんびりと手を繋ぎながら歩いている様子がとても微笑ましかったです。

自分が小さい頃に家族でポニー牧場まで歩いた記憶を懐かしく感じました。

 

  

後藤 彩さん(川崎市麻生区)

せせらぎにて…この夏プールや海など何度か水遊びを経験して水に慣れてきた娘、

この日はずぶ濡れでせせらぎを楽しみました。

 

  


 東急電鉄賞

(副賞:東急電鉄オリジナルグッズセット)

 

野田 小百合さん(千葉県松戸市)

室内施設の閉鎖が続き、小さい子供にとっては遊べない日が続く中、

屋外遊具がたくさんあるこどもの国は少しだけ安心して過ごせました。

息子も思いっきり体を動かすことができ、とても嬉しそうです。

 

 

大八木 裕貴さん(横浜市緑区)

長男初めてのこどもの国は中央広場の桜が散り始めの時期。

桜の花びらを不思議そうな顔で見つめていました。

 

 

田中 治恵さん(横浜市青葉区)

従兄弟と白鳥を見た後に、先を行く従兄弟を笑いながら追いかけているところです。

 

 

土門 秀人さん(横浜市青葉区)

つばきの森へ行く途中、「ハングリング」で遊んで、ひと休み。

目の前には、オクテトラというアート作品もありました。

 

 

松尾 卓摩さん(横浜市青葉区)

こどもの国の奥の方を探検中、初めての広場で発見した謎の建造物。

姉弟で協力して中の蜘蛛の巣をはらい,登るルートを考えて頂上まで到着。

楽しい小さな冒険だったようです。

 

 


 横浜高速鉄道賞

(副賞:横浜高速鉄道オリジナルグッズセット) 

黒木 紗希さん(川崎市幸区)

午年生まれで、お馬さん大好きな娘。

「美味しそうに食べるね〜!私は生の人参は苦手なんだぁ!」と話しかけながら、

たくさん食べるお馬さんに驚いていました。

 

 

清水 夏華さん(東京都東久留米市)

あじさい前の子どもの家でお昼ごはんを食べた後、お腹も満たされごきげん。

2階へのぼってみたくて自分で手をついて登っていく途中、

「ママ〜」と得意気な顔でのぞいていました。

 

 

 

渡邉 里香さん(川崎市幸区)

水遊びをした後にすぐ近くの屋台のカキ氷を美味しいと仲良く笑いながら食べる姉弟

 

 

 竹内 舞さん(東京都国立市)

今年はプールにはいれないけれど、せせらぎだけでも大満足。

水に入れない親は、暑くて大変でした。

 

 

高林 竜さん(東京都町田市)

地面に描かれていた色んな絵を見てテンション上がり、

チョークのたくさん入っていた入れ物をガサガサあさって喜んでいました。

 

 

冬の虫さがしかんさつ会 【参加募集】

こどもの国のあそびかた

  • あそびガイド
  • マニア向けガイド
  • 乳幼児連れのお客様
  • 団体のお客様

目的で探す

目的でさがす

閉じる