1. マニア向けガイド
  2. 弾薬庫跡

マニア向けガイド

弾薬庫跡

  • 弾薬庫の鉄扉。弾薬庫跡は今、倉庫、変電所、浄化槽に使われています。
  • 崖の上に突き出た弾薬庫の換気塔
  • 弾薬庫内部の様子。

園内のあちこちのがけや土手沿いに緑色の鉄扉があります。これは第2次大戦中に使われていた弾薬庫の名残りです。

こどもの国の場所は戦時中、旧陸軍田奈弾薬庫補給廠(しょう)として、旧陸軍田奈部隊の管理のもと、戦地に送る弾薬を保管・発送したり、製造したりしていました。

弾薬庫は計33基つくられましたが、土に埋まったり湖に沈んだりして、今確認できるのは10基だけです。

弾薬庫は入口が左右2ヵ所あり、コの字型になっています。部屋の大きさは幅が25~30メートル、奥行き7メートル、壁の高さ4メートルで、天井の一番高いところで5~6メートルあります。屋根には換気塔が2~6個ついていました。

壁から少し隙間をあけて張った木材の表面を銅板で覆い、床にはリノリウムが張り巡らされていました。静電気や火花が起きないためです。結露を防ぐために、壁沿いに溝が掘られ、その上の壁に1メートルの高さでコールタールが塗られていました。

温度と湿度の管理が厳しく、夏は涼しく、冬は暖かかったそうです。

入口が1段高くなっているのは、トラックや荷車の高さに合わせたためです。

保管する弾薬に応じて構造が少し異なるようで、換気塔の数がまちまちで、入口にシャワーが出るようになった弾薬庫もありました。

ガソリンエンジンは火花が出るので、園内の運搬に電気自動車も使っていました。

弾薬庫は一見トンネルのようですが、実は違います。土手を削って更地にした後、そこに厚さ30センチのコンクリート枠で部屋を造ります。その上に厚さ1メートルの土をかぶせました。1基の弾薬庫を造るのに必要なコンクリートはミキサー車50台分でした。ここの土地は粘土質で地盤が固いため、かなりの重労働でした。

この場所は細い谷が入り組んだ谷戸(やと)と呼ばれる地形で、13戸の農家が暮らしていました。1938年、国家総動員法で住民は強制的に退去させられ、弾薬庫工事が始まりました。41年に旧陸軍田奈部隊が発足してから、弾薬庫の本格的な利用が開始しました。

敗戦後、61年に「こどもの国」用地として日本に返還されるまで、米軍弾薬庫として接収されていたので、結果的に都会の中にあって豊かな自然がそのまま残されました。

目的で探す

目的でさがす

閉じる